フラット庇部分の劣化


築40年の鉄骨の建物の軒先です。

屋上の防水が劣化し雨水が染み込み鉄骨が錆びてぼろぼろになっていました。
幕板部分に亀裂が入り剥がれてしまいそうな箇所がいくつかありました。


屋上部分のシート防水はだいぶ傷んでいますが室内への雨漏れはありませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
きれいに切り取って補修します。

錆びの原因は、鉄骨とモルタルの伸縮の違いからモルタル部分に亀裂が入りそこから雨水が浸透したことと、軒下の換気がほとんどされていないため内部が蒸れてしまっていることです。

しっかりと原因を突き止めきちんと対策を行えば鉄骨の建物は、大変長持ちします。
東京タワーも60年以上現役ですからね。

関連する記事

羽村市栄町2丁目 売地

おすすめ 2017.10.12