土地の瑕疵担保責任とは


瑕疵住宅

みなさんお元気でしょうか?梶住宅販売の島村です。今回は、今話題の土地に関する

瑕疵担保責任についてです。

とっても難しくて、通常だとわかりづらいのがこの土地に関する瑕疵担保責任

なのですが…まず最初に瑕疵担保責任とは何でしょうか?という事ですが、

取引の対象物に通常では発見できない不良な所がありその不良な所を取引終了後に
発見した場合の責任…と対処の事らしいです。

実はここで問題になるのが今回の瑕疵担保責任に関しての話を整理する上で

土地建物についてのお話でお考えください総称して不動産での瑕疵担保責任においての

事例で要素となるのはずばり…宅地建物取引業者自らが売主の場合と、

それ以外(一般の消費者)が売主の場合とで、まるで違うのです。まず根幹である

瑕疵担保責任に関する民法の原則からご説明しますと、民法では 隠れたる瑕疵を
発見したら発見してから1年以内に売主に瑕疵の責任を通達して修復を請求できます。

しかしこのまま民法の原文通りに不動産の売買を行うと何十年たっても建物も土地も

瑕疵を発見したら保証しなくてはなりません そこで、民法の上にある特別法である

宅地建物取引業法と言う法律内では、業者自ら売主として不動産を売買した場合には、

その不動産に関しては、瑕疵担保責任は最低で2年以上に特約で定めても良い事になっています。

また昨今の新築住宅に関しては生産者責任法で建物に関しては、主要構造部において

最低10年間は保証しなくてはなりません

それでは、あなたが所有している土地建物を業者に販売依頼したらあなたは、

中古である自宅を購入した人に対して最低2年以上責任を負うのでしょうか?

実はこちらは、一般の消費者が自宅を販売するので、極端な話ノークレームノーリターンと

言えるのですよ、要するに瑕疵担保責任の免責が主張できます有る意味ヤフーオークションの

中古商品なので責任は持ちませんよ!と言うのと同じですね

要するに民間同士の取引なら、免責です。

業者と民間の取引なら建物新築の場合は建物10年の保証そして他の土地などは2年の責任と成ります

それでは逆に問います!豊洲市場の取引は瑕疵担保責任を破棄したと言っていますが??

その真意と原因は何処に有るのでしょうか?こればかりは、専門家じゃないと分かりませんね?

関連する記事

羽村市栄町2丁目 売地

おすすめ 2017.10.12