そして誰もいなくなった・・・【映画のタイトルではありません】


こんばんは。

梶住宅販売の梶でございます。

今週末は寒波が来るようです、水道管の凍結や路面の凍結にご注意しましょう。

高経年マンションの相続問題が深刻になっています。

区分所有マンションを所有されている場合には所有権の放棄はできません。【売却できれば所有権は移転できます。】近年ではご入居者様の高齢化により相続放棄をされる区分所有マンションが多くなっているようです。※所有権の放棄はできないので区分所有マンションの相続の場合は管理責任が残ります。

管理組合は逃れられない。

管理組合は財産の清算作業のために裁判所に申し立てをして相続財産管理人を選任してもらいます。【たいていの場合は弁護士様が選ばれます】手続きには数十万の費用が生じ、手続きが整うと競売に入ります。競売でどなた様が購入してくださればいいですが、誰もいなかった場合は管理組合が引き取らざるを得ない場合もあります。管理組合が逃げられないというのはこういうことです。

管理組合が機能していればいいけど・・・。

管理組合が機能していないマンションで高齢者の入居者しかいない場合、、誰も面倒なことをする方はいないと言い切っても問題ないと思います。入居者が一人また一人と亡くなっていけば最後には誰もいない無人マンションが完成するわけです。

タイトルにある通り誰もいなくなったになるわけです。

無人マンションができる過程で多くの問題を含む

廃墟マンションができることでの地域の治安の悪化などは考えるのはたやすいです。他にも外資による建物一棟の購入により違法民泊の増加も考えられることです。今後行政、不動産業者が知恵を絞って解決しなければならない問題になっています。

不動産、住宅に関するお悩み、ご相談、ご質問、ブログで取り扱って欲しいリクトエスト等お気軽にお声がけください。info@kaji-re.com

関連する記事

野上町3丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

大門3丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

河辺町8丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

千ヶ瀬町5丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

今井1丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

新町1丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.27