融資がつかないということは、、、、。


皆様、こんばんは。

梶住宅販売の梶でございます。

今年もあと17日です、そろそろ大掃除の季節です、100円ショップや薬局では重曹の売れ行きが上がりそうですね。

ご自宅に重曹がない場合でもご安心を、ご自宅にある「ボディーソープ」もなかなか使える洗剤ですよ。

金融政策に左右されてきました。

不動産の中古市場は「金融」がカギを握ると言われているようです。中古市場の活発なアメリカでは管理組合の上手くいっていないマンションは通常の7割しか融資がつかないことが当たり前だそうです。融資がつかないということはその金額でしか売れないということです。割安で買った物件の管理組合を立て直し資産を割り3割アップさせる不動産先進国のアメリカだからこその状況ではないでしょうか?

日本では物件の評価に対して貸すよりも、借りたお金を返せる人に貸すという融資が通常の流れです。不動産評価はしっかりしていないということです。

とあるマンションの理事長様は「最近の銀行は物件だけじゃなく、人も見ていない。」と言ってるようです。※最近はすこし厳しくなってきた感があるのですが、いい意味でも悪い意味でも「見られている」と思います。マンションなどで買ってすぐに滞納したり、居住者名簿を出さなかったりしていると憤りを感じているようですが、どこの国のかたなのか大方の予想がついたりします。※全員がそうだとかということではありません。自分が住んでもいないのに「なんで管理費・修繕費をはらわなければいけないの?」と考える国の方もいるのは事実です。またそういった方々投資目的で買うことが多いです。絶対とは言いませんがトラブルのもとになるわけです。

中古市場の発展を考えたとき、今銀行の融資姿勢が問われているような気がします。不動産評価をキチンとやる、借りる人のより深い人間性の観察【返せることが大前提ですが・・・】

銀行の融資姿勢を今後も注視していくようにします。

本日の参考記事です。

不動産、住宅に関するお悩み、ご相談、ご質問、ブログで取り扱って欲しいリクトエスト等お気軽にお声がけください。info@kaji-re.com

関連する記事

東青梅3丁目 新築戸建

新築戸建 2018.12.03

青梅市長淵1丁目

中古戸建 2017.02.25

青梅市塩船 中古戸建

中古戸建 2017.02.26

青梅市今井3丁目

中古戸建 2017.03.30

no images

青梅市塩船 新築戸建

新築戸建 2018.11.16

青梅市東青梅3丁目 新築戸建

新築戸建 2018.10.14

青梅市長淵2丁目

中古戸建 2017.02.25