屋根について


こんにちは、スタッフ全員が宅地建物取引士の梶住宅販売辛口一級建築士梶順一郎です。
住宅の断熱(その②屋根)についてお話します。
最近の当社で行う屋根リフォームでは若干価格が高いですが、熱線反射塗料を使用しています。
従来の塗料に比較して最大で20℃も低減できるとカタログに出ています。
車のボディも直射日光で触れないくらい熱くなります。当然屋根も夏は、触れない位熱いです。だいたい70℃〜80℃ぐらいでしょうか。
なので、20℃下がったとしても50℃なんで暑いんです。
屋根材の下に断熱する何かが無いとダメだという事です。
住宅メーカーが様々な方法で屋根の断熱を行っているので全部は説明できませんが、実は、昔ながらの瓦屋根の家は涼しいという事実があります。

夏の熱さに対しては、屋根の通気性が良いという事が重要になってきます。
断熱層に熱がこもってしまうと夜もずっと暑い状態になってしまいます。
夏は風通しが重要なんです。

冬の寒さに対しては、室内の熱を逃がさないように断熱する必要があります。
また、通気を無くしてしまうと結露により木材が腐ってしまう事があります。
これを防止するには、通気が必要なんです。
屋根断熱するときは、屋根側に通気層を図のように確保すると良いです。


屋根断熱にするか、天井断熱にするかなど、様々な方法とコストを合わせて考え選択していくと良いと思います。

それでは、次回は、壁です。

青梅の不動産、新築建売、リフォームは是非当社にお任せください。

関連する記事

今井1丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

千ヶ瀬町2丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

河辺町8丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02

新町1丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.27

青梅市長淵1丁目

中古戸建 2017.02.25

no images

新町5丁目 新築戸建

新築戸建 2019.05.02